声帯(声門)を閉めるという感覚

楽譜

ミックスボイストレーニング本より。

声帯(声門)を閉める感覚がわからない。

まず普通に生活している中で「話してる」事自体が、既に「声帯(声門)が閉じてる」という事になります。

「声になっているから」です。

声帯(声門)が閉じて、そしてその閉じた声帯(声門)部分に息がかかって「声」になっているのです。

ですから普段は別に「声帯(声門)を閉じてる」という感覚が無くて当たり前なのです。

 

トレーニングでは声帯(声門)が閉じている感覚は必要。

とは言うものの、ボイストレーニングでは「声帯(声門)が閉じている」感覚を感じるのはとても大切です。 先ほど、「声帯(声門)を閉じているという感覚が無くて当たり前」と言ったにも関わらずです。

何故ならば、ボイストレーニングで一番多い悩みの「換声点を潰したい」とか、「ミックスボイスを獲得したい」という事を実現するためのトレーニングで、「息が洩れている」とか、「声帯の閉じが甘い」となると、一向にこの目標が達せないからです。

そのため、レッスンでは「声帯(声門)を閉じて」などとアドバイスします。 よって、この「声帯(声門)を閉じる感覚」がわからないと、この問題がクリアできません。

もちろん、「言葉だけでは伝わらない」ため、レッスンでは「良い例」「悪い例」などを実際に私が発声して「音」で聴き分けてもらいますけど。。。

 

反転母音「アェ」や「ア」「イ」で発声した時の感覚を掴む!

本当は、母音は何でもいいです。

けれど、反転母音の「アェ」や、「ア」「イ」をハッキリと発声してみて下さい。 例えば、YUBAメソッドのトレーニングのCDや、DVDでの「オモテ声」をしっかり発声してみてください。

出来ましたか?

その時に喉の奥の感じはどうですか?

普段話している時には全く気にしなかった事でも、発声になると喉で起こっている感覚、体の感覚などをしっかりと意識する必要があります。

ちなみに私は、喉の中で。。。。しかも左右の鎖骨の間(丁度喉の真下)のくぼみあたりに、圧を感じます。。。うーん、「声帯(声門)が閉まってる!」という感覚がはっきりとあります。

でもこれはあくまでも私個人の感覚です。 人それぞれ感覚は違います。 これは大事な事です。

ですから結局は「発声された声」の「音質」で聴き分けて「声帯(声門)が理想的に閉まっているか」を判断するわけですが。。。

もし上手く感覚が掴めなければ「シャープな声を出す」とか、「少しエッジを効かせる」というイメージはいかがでしょうか?

この感覚が掴めれば大きな一歩です。

6月7日に弓場先生による東京でのセミナーがあります。詳しくはこちら。

最後に・・・歌えるその日までNever, Never Give Up!

本気で換声点を克服してミックスヴォイスを手に入れる! & 高音を出したい!
YUBAメソッド認定voiceインストラクター KiKo によるボイストレーニング!
・年齢・初心者・プロ志向も関係なく、いつまでも喉を痛めず楽しく歌いたい。
・声ひっくりかえる。
・楽に高音や低音を出したい。
・声量がもっと欲しい。

そんな悩みを解決するボイストレーニング
~ Voice☆花伝 ~

Voice☆花伝 HPはこちら
Sponcerd Link

関連記事