Gothic Logicにインタビュー オランダ&ドイツでのライブ

Gothic Logic インタビュー

Gothicって?

先日は知り合いのユニット「Gothic Logic」に海外でライブした時の経緯などを聞いてきました。

まず「Gothic」という意味だけど、私はまず「ある時代のヨーロッパに於ける建築様式の名称」という大雑把な意味しか知らず、そして「ゴシック・ミュージック」「ゴシック・ファッション」「ゴシック小説」「ゴシック・ロリータ」という言葉は聞いた事があっても、何故これらが「ゴシック」という名称を付けているのか不思議でした。。。

掘り下げたところで、当時のゴシック様式はデコラティブな建築のイメージがあったし、グロテスクな装飾がされていて、その「グロテスク」な部分をそれぞれのカテゴリーに、それぞれの解釈でミックスさせていったのかな〜? とにかく本来は「宗教」というものが色濃く影響しているもので、そしてそこから派生して「精神性」とか「哲学」が関係あるのではないか?くらいの解釈程度。 とにかく「何故?」の部分はやっぱりあんまり解らないわけで。。。

また、今回「Goshic Logic」の二人に話を聞いて初めて「ゴート族」という言葉を知りました。 とにかくまとめるのは難しくGothicについては詳しくはコチラをチェックするといいみたい!

 

Gothic Logic

まずメンバーはVocalの「Cherry Witch」とBassの「Toshi」からなるユニット。

ToshiさんがGothicミュージックを好きになったキッカケはアメリカのバンド「Cristhian Deth」というバンドを聴いてからだそう。 とは言うものの「Cristhian Deth」というバンドの「初期のサウンド」はどちらかと言うと「ゴシック・ミュージック」というよりは「ポジティブ・パンク」の部類になり、その長いバンドの歴史の中でサウンドが変わっていったとの事。

確かに、私がyoutubeでチェックした初期の音は明らかに「ポジティブ・パンク」。とにかくイメージと違いました。 その後は先にも書いたように随分変わったみたいだけど、とにかく「ゴシック・ミュージック」の代表的バンドでToshiさんは影響を受けたそうです。(もともとToshiさんはポジティブ・パンクが好きだったとの事)

「ゴシック・ミュージック」「Cristhian Deth」についてはコチラのサイトが詳しいみたい!  英語版のwikiもあります。 英語に自信のある人はチェックしてみるといいです。 google先生の翻訳は相変わらずです(笑)

さて、二人の出会いは「ネブラスカ」というロックバーにToshiさんが通い、そこで「こんなサウンドをやりたい」とマスターと話したところ、それなら。。。という事でCherry Witchさんを紹介され、意気投合。 「Gothic Logic」として活動スタート。 ちなみにCherry Witchさんが好きなバンドは「Nine Inch Nails」等。 そして自他共に認める無類の「不思議の国のアリス」好きだそうです。

ユニット名はToshiさんが「絶対にGothic」を付けたい!」とこだわり、Cherry Witchさんは「Logic」を付けたい!という事でこのユニット名になったとか。

 

オランダ人&ドイツ人に出会う

「Gothic Logic」として活動し、色んなライブイベントでプレイする中、オランダ人のウィリアムさんと、ドイツ人のドミさんと出会い、交流を深める事に。  そして、ウィリアムさん、ドミさんが帰国後、それぞれの国の「ゴシック・イベント」に呼んでくれ、海外でのライブが実現する事になったそうです。

オランダではウィリアムさん宅にステイし、リハもそこで行ったとか。

 

Wave Gotik Treffen

ドイツ人のドミさんが呼んでくれたイベント「Wave Gotic Treffen」ドイツのライプツィヒという場所で毎年5月下旬から6月までの間の4日間に開かれる有名な「ゴシック・イベント」らしく、調べてみると、ライプツィヒ市の観光サイトにも正式に紹介されてます

2人によると、このイベントはロックの伝説的音楽イベント「Wood Stock」のようなものとの事でしたが、個人的に「へ〜」と思ったのは単なる音楽イベントとは違い、「街全体の音楽イベント」という事です。この数日間、街は「真っ黒づくめ」の衣装を着た老若男女達で溢れ、本当に盛大な街の祭典だそうです。

そこで「Wave Gotik Treffen公式サイト」にアクセスして、「The Past」という項目があるのでクリックすると「2008年」のところに、「Gothic Logic」の文字が!   お~! なんだかCooLです。

「Wave Gotik Treffen公式サイト」コチラ。 

 2015年は5月22日から5月25日まで開かれるようですね。 皆さんも旅行がてら、来年行ってみては??

Youtubeで様々な年の「Wave Gotik Treffen」の模様がアップされてますのでチェックしてみて!

もっと衣装&メイクをチェックしたい? ではこちらの画像でその素晴らしさを堪能あれ! 芸術的な衣装 & メイクの方多数!

 

オランダでのフェス

オランダもとにかく広大な土地でのフェスだったとの事。 でもその前に3つか4つ程のライブを現地で行い、オランダの現地の人の評判も上々だったそう。

フェスの会場は手作り感満載で、こちらもドイツと同じで地元の人の祭りという感じで近所の人たちとToshiさんは足場作りも一緒にしたとか。フェス当日、まずはビール10杯飲んでからというパターンだったそうです(笑)

やはりフェスでもオーディエンスの反応は良く最高のライブだったと語る2人。 ドイツのWGTでもオランダでも、参加ミュージシャンとの交流も深め、その中で「海外でライブした」という実感を噛み締める事ができたようです。

 

また海外でプレイする!

海外の音楽に影響を受けサウンド作りをしてきたGothic Logicにとって、海外でまたプレイしたい!と思うのは自然の流れでしょう。 今回のこの経験から、また海外でプレイをするチャンスを狙っているという2人。 是非実現して欲しいと思います!

 

どんどん曲書いて動く!

今回2人に話を聞いて、こちらもワクワクしました。

私も洋楽を聴いて来たし、海外でもライブしたいと思ってます。 でも、これは今では「普通」に出来る時代。 いや、前から別にプロじゃなくても出来る訳だけど、「ネット」というツールが当たり前の今の時代、それを駆使して世界中に自分の音楽を発信できるし、セルフプロデュースすればいいわけです。 どんどん! そう、どんどん。。。とです。

もちろん、だからといって海外の人に自分の書いた曲がヒットするかは解らない。 でもとにかく曲書いて歌って「動く!」。 そうしたら、どこかの誰かがあなたを知ってくれるでしょう。
それが海外へ行くキッカケになるかもしれない。。。

まあ、ビザやら海外でライブする時にギャラは貰ったら違法だとか色々と調べていくとあるわけですが、難しい事はちょっと脇に置いとくとして、今は色んな活動方法があって海外でのライブは「夢」ではないでしょうね。(違法はダメです)

Gothic Logicの2人も自分達の音楽を追求し、とにかく「世界観」を大切にしてます。 それがたまたまライブに来ていた外国の人たちに何かを与え、今回のようなキッカケになったわけですから。。。

あ、そうそうこぼれ話として。。。 2人が日本人とわかるとドイツでもオランダでも現地の音楽好きが寄って来て色々と話しかけてきて、その時に現地の人が多く口にした日本のバンド名は「X Japan」だったそうな。。。 ほー。

それから、フェスで「Gothic Logic」を紹介するにあたり「イチ、ニー、サン、もしもし〜!」とコールされたそうです(笑)もう、吹き出してしまいました〜!

 

Gothic Logicのサイト

最後にGothic Logicのサイトを紹介します→コチラ
是非チェックしてライブに行ってみて! 独特のサウンド&空間があなたを別世界に誘う事間違い無し。

Gothic LogicのToshiさん、Cherry Witchさん有り難うございました!

(写真等はご本人達に掲載を承諾頂いてます)

gothicLogicサイト2014-12-05 07.54.43

最後に・・・歌えるその日までNever, Never Give Up!

本気で換声点を克服してミックスヴォイスを手に入れる! & 高音を出したい!
YUBAメソッド認定voiceインストラクター KiKo によるボイストレーニング!
・年齢・初心者・プロ志向も関係なく、いつまでも喉を痛めず楽しく歌いたい。
・声ひっくりかえる。
・楽に高音や低音を出したい。
・声量がもっと欲しい。

そんな悩みを解決するボイストレーニング
~ Voice☆花伝 ~


Voice☆花伝 HPはこちら
Sponcerd Link

関連記事