声門を閉めるってこんな感じ何ですね〜。【名古屋レッスン】

先日の名古屋レッスン。

ある生徒さんの言葉が印象的でした。

発声練習はなかなか良くできてます。

もともとハイトーンボイスでなかなかですよ。音域も広い!

ただ、歌を歌うとやはり換声点あたりで苦しそうで、「換声点ショックを克服しミックスボイを獲得して無理なく歌えるようになりたい」というのが目標!

彼は少しだけ「息モレ傾向」。

なので先日のレッスンでは更にハードルを上げて、今まで以上に「声門を閉める」という感覚を掴んでもらうようにしました。

更に低音域からその音質を保ったまま高音まで上がる練習をしました。

とにかくハードなはず。

低音から発声させるから、「表声」の成分が多いところからのスタートになります。

だから、気をつけないと換声点あたりで張り上げになってしまいます。
上手に「裏声」を混ぜないと高音まで発声できない。。。

彼には今まで以上に声門を閉める事を意識してもらいながら発声してもらったので、「こんなに声門を閉めるって大変なんですね」とびっくりしてました。

もちろん、声門が閉まり、しっかりとした声が出るタイプはいいのですが、息モレ傾向の人は声門を閉めるのが割と大変です。

というか、声門を閉めているつもりでも案外モレているので、「あ、モレてる!、もっと閉めて」というと「え?まだモレているの?」という感じらしいです。

本当に人それぞれです。

とにかく最終的に「単にミックスしている」という事ではなく「声量たっぷり歌える強いミックスボイス」を獲得するには、しっかりと声門を閉めて練習する必要があります。

でも絶対に「あ”””””””」みたいに、「ダミ声みたいになるような表声」、ようは無理な表声はダメ!!

今日のレッスンで彼は次のステージに足を踏み入れました。

今度は課題曲の歌詞をつけて、歌えるようレッスンする予定!

最後に・・・歌えるその日までNever, Never Give Up!

本気で換声点を克服してミックスヴォイスを手に入れる! & 高音を出したい!
YUBAメソッド認定voiceインストラクター KiKo によるボイストレーニング!
・年齢・初心者・プロ志向も関係なく、いつまでも喉を痛めず楽しく歌いたい。
・声ひっくりかえる。
・楽に高音や低音を出したい。
・声量がもっと欲しい。

そんな悩みを解決するボイストレーニング
~ Voice☆花伝 ~

Voice☆花伝 HPはこちら
Sponcerd Link

関連記事

ページ上部へ戻る