今度の私の課題曲

stride la vampaタイトル

Stride la vampa!

あるジャンルを歌いたい!と先生に伝えたところ「それでは、そろそろオペラ歌った方がいいよ〜」という事で、頂いた課題曲が「Stride la vampa!」です。

全然知らない曲。。。
オペラは本当に知らないです。。。 少しか。

私の歌ってみたい「あるジャンル」は内緒(笑)

 

換声点辺りを行ったり来たりだ〜!

stride la vampa楽譜
私の「換声点」はレッスン当初は上に上がって行く時は「♭B」で、下に下がってくる時は「G」くらいでした。 それから少しだけ変わって「A」に。 といってもたった半音ですが「♭B」は少し楽になったのを覚えてます。

レッスン初回から約8ヶ月過ぎて、歌いたい曲を持って行ってワンフレーズ。。。と言いたいところだけど、2小節くらいしか歌ってないところで「カーン!」と弓場先生。

「ダメだな。 やっぱり基礎をしっかりした方が結果的に早いよ。曲はまだ」という事で、基礎練習に戻りました(笑) 聴講の生徒さんが居た目の前で。。。 もう恥ずかしいを通り越して笑うしか無いわけです。

まあ「ですよね〜。 やっぱりそうでしたか。。。」という感じ。 悔しかったかどうかの感情さえ覚えてないです。。。いや、悔しかったと思うけど多分、落ち込みのほうが激しかったと思いますね。 とにかく「カーン」と仰った先生の言葉とお顔が忘れられない(笑)

さて、そんな私ですが、どうにかこうにか「換声点」を潰して来たわけですが、先生に「オペラ」の曲を渡された時は上記の思い出がある私としては「お〜!」って感じ!

潰して来た「換声点」が行き来する曲です。

 

フルボイスでも「換声点」がガクッとしないように

ところで、何で「あるジャンルを歌う」のに「オペラ」だったのか? ですが。。。

目的は「フルボイス」でも「換声点」がガクっとしないように更なる強化を目指し、もっともっと声量を出せるように。。。という事に加え、レンジが広くいものを歌う事で跳躍にもっと慣れる。。。という事です。

よく先生が「小さい声で換声点が潰れても、フルボイスでガクっと出たら意味が無い」と仰ってるのですが、意味がある、意味は無いは別として、私自身、声楽家の方達みたいに「フルボイス」の声量自体をもっと出したいと思います。

最後に・・・歌えるその日までNever, Never Give Up!

本気で換声点を克服してミックスヴォイスを手に入れる! & 高音を出したい!
YUBAメソッド認定voiceインストラクター KiKo によるボイストレーニング!
・年齢・初心者・プロ志向も関係なく、いつまでも喉を痛めず楽しく歌いたい。
・声ひっくりかえる。
・楽に高音や低音を出したい。
・声量がもっと欲しい。

そんな悩みを解決するボイストレーニング
~ Voice☆花伝 ~

Voice☆花伝 HPはこちら
Sponcerd Link

関連記事

ページ上部へ戻る