今日は名古屋レッスン!

microphone-626618_1280

久しぶりのブログアップ!

今まで色々とあったけれど、それはまた書くとして、今は名古屋のスタジオでレッスンスに備え、ウォーミングアップするまでの待ち時間。

今日は体験レッスンもあり。

名古屋の生徒さんは実際のレッスンを受けるまで数年独学されてた方が半分。 実際のレッスンを受けて今までやっていた事が違ってた!というケースも。。。

とにかく「喉を壊さない」ように、生徒さんが理想とする歌い方ができるまで一緒になって頑張ろうと思う。

さてさて、東京のレッスンでは最近はレコーディングを控えている生徒さん、オーディションを控えている生徒さんなどが悩みを抱えてやってきます。。。

中には、レコーディングやライブが近々に予定されて、生徒さんの状況が「かなり修正に時間がかかるケース」もあり、この場合はそれを正直に伝えてます。

また、声は心理的な要素もあり、理屈が分かってその時に出来ても「レコーディング」「ライブ」という特殊な状況に置かれたら、やはり緊張し、言われたアドバイスを忠実に再現する事に意識が行ってしまい場合によっては上手く歌えない事も考えられます。

だから、ライブやレコーディングが近々である場合、アドバイスをするにしてもあまり「こねくり回さない」ようにしないとダメなわけで。。。

特に「ミックスボイス」の習得には時間がかかるし、ましてやそれを大爆音のバンドで耐えられる声量を伴う状況で歌えるようになるという事は、相当な時間がかかるもの。。。

私が身を以て体験してるからわかる。。。

最近、ある生徒さんが「先生が簡単じゃない、時間がかかると言ってた意味が分かってきた。」と話してくれた。 でもこの生徒さんはレッスンの度にグン!と伸びる。 そうや言っても次のレッスンまでの間に「安定しない」「ちょっとわからなくなった」とメールをもらうけれど、レッスンに実際くると確実にものにしていく。そして本人もそれを実感し、納得するようで表情が変わる。 あとは安定。これは時間との戦い。

結局なんだかんだ言っても、「趣味志向」だろうと「プロ志向」だろうと生徒さんたちの悩みは総合すると「ミックスボイス」の習得がキーになるケースが一番多く、そうであれば時間をかけてじっくりと取り組んでもらった方がいいのです。

今日も喉を実際に壊されて病院に通われ、その先生からYUBAメソッドを薦められたジャズボーカリスト、色々と声に悩みを抱えたロックボーカリストが「じっくり取り組む」と「基礎」を見直す事を目標にレッスンに来ます。

さて、私もこれから1時間ウォーミングアップします! そしてレッスンスタート!

最後に・・・歌えるその日までNever, Never Give Up!

本気で換声点を克服してミックスヴォイスを手に入れる! & 高音を出したい!
YUBAメソッド認定voiceインストラクター KiKo によるボイストレーニング!
・年齢・初心者・プロ志向も関係なく、いつまでも喉を痛めず楽しく歌いたい。
・声ひっくりかえる。
・楽に高音や低音を出したい。
・声量がもっと欲しい。

そんな悩みを解決するボイストレーニング
~ Voice☆花伝 ~

Voice☆花伝 HPはこちら

 

Sponcerd Link

関連記事