6月17日の大阪レッスン

新大阪レッスン後の夕食

昨日の大阪でのレッスン。

だんだんとミックスが出来てくる中で「人にもよりますが」、「ホー」と「息もれのウラ声」が出にくくなる生徒さんがいます。

私はそうはならなかったけれど、しっかりしたミックスボイスが出来ていく過程で、か弱かった(パンチの無い)ミックスボイスに良い感じで今度は「オモテ声」の分量を足していくのですが、やっぱりやりすぎてバランスが少し崩れて、また重くなっていきました。

改善策はやっぱり「ホー!!!!!!」です。

重くなってきたから、「息もれのあるウラ声」でウラ声の感覚を再度取り戻し、オモテとセパレーツさせて再度ミックスの調整を図る。。。

とまあ、私も内容は違えど「オモテ声」が再び悪さをする経験があり、よく生徒さんにこのようなケースが何れ訪れるかもよ〜なんて話してます。

ただ良いこともあって、この生徒さんは先日、弓場先生が大阪の朝日カルチャーでレッスンがあったのですが、それに参加したら「ミックスボイスが出来てる」と言われたそうです。

1ヶ月に1回のレッスンで前回から飛躍的に進歩したようです!

前のレッスンでもだんだんと出来なかった事が出来てきた。。。という事があり良かったよかった〜という感じでしたが、ミックスボイスが出来てきているとは。。。。それもこの1か月で。

でも。。。。昨日はその一方で「ホー」と「息もれのあるウラ声」が出にくくなっていました。

元々、声門が閉まりにくいタイプでしたが、声門が閉まり始めてきてましからオモテがしっかりして来た分、「ホー」という「息もれのあるウラ声」の感覚がちょっと掴みにくくなったのだと思います。

他にも「前に歌えなかった部分がしっかり歌えるようになった〜!だけどホーにオモテ声が少し入るようになってしまった。。。(要は息もれの無いウラ声です)」という生徒さんはいますが、この方も含めみんなレッスン中に感覚を取り戻します。そして「あ、これだった」と(笑)。

本当に声は一筋縄ではいかない!

こっちがよくなれば、あっちがちょっとダメになる。。。人にもよりますがこう言う事を繰り返していい感じになっていきます。

他には「ジャズ」のスケールを取り入れて少し歌ってみたりした生徒さんも。

ちょっとしたメロディが付くと楽しいものです。

そう、全部「母音」でメロディを歌ってもらいました。

19日は神戸でレッスン!

お初の方も数名。

写真は今回撮らなかったので、5月の大阪レッスン後に生徒さんと行った夕食の写真です。

この生徒さんはいつもラストなので、「ご飯食べましょうよ〜」と自然になる感じ(笑)

天丼とおうどんのセット。。。大量です。

昨晩も同じ生徒さんとラーメンと台湾飯のセット。。。お腹弾けそうだった。。。。
最後に・・・歌えるその日までNever, Never Give Up!

本気で換声点を克服してミックスヴォイスを手に入れる! & 高音を出したい!
YUBAメソッド認定voiceインストラクター KiKo によるボイストレーニング!
・年齢・初心者・プロ志向も関係なく、いつまでも喉を痛めず楽しく歌いたい。
・声ひっくりかえる。
・楽に高音や低音を出したい。
・声量がもっと欲しい。

そんな悩みを解決するボイストレーニング
~ Voice☆花伝 ~

Voice☆花伝 HPはこちら
Sponcerd Link

関連記事