サックスの音が良く出た!

girl-singer

発声練習はサックスにも良い影響が出るの?

最近、新たに大阪からレッスンに来られている生徒さんからの質問です。

答えは「YES」だと思います。

聞くと「発声練習の後にサックスを吹いたら、すごい音が出てびっくりしたんです!」との事。 彼女はアルトサックスプレイヤーでもあります。 カッコいい!

YUBAメソッドの発声がサックスプレイにどれだけ影響があるのか? などは当然検証したことないですけど、このメソッドの「息モレのあるウラ声」や「息モレの無いウラ声」の発声を、YUBAメソッド認定インストラクターがきちんとレッスンで「生徒さんの今の無理なく出せる、あるいはちょっとだけ負荷をかけた高音」まで発声させたりしますから、その時に体の反動などを使わなくても「スコーン!」と気持ちよく「ホーッ!」や「オーッ!」と発声出来ていれば、サックスプレイにも良い影響を与えると思います。

サックスも「息」を効率良く使うでしょうから「ボリュームを出したい!」というときに、体を強張らせて力任せに吹く。。。という事が避けられ、「ホーッ」や「オーッ」の発声の時のように体の反動を使わず、「省エネルギー」でボリュームが出るようになるのだと思います。

 

声を出すって気持ちいいですね!

次回のレッスン予約のメールにこう書かれてました。

嬉しい限り。。。

彼女は依然ブログに書いた「話す声」をきちんとしたい!という事が目的です。

今日のレッスンメニューは、「呼気圧」を高めるために「ホー」と発声させて、あとは「しっかり声帯を閉める」というメニューに。 特に跳躍、5度や、3度、オクターブなどの音型はつけずに、「イ」が結構良い発音なので、この「イ」という母音で1音、1音、しっかり丁寧にゆっくりと「声帯をしめてキチンと無理なく声になっている事を実感してもらう事」を目的としました。

「声帯を閉める」とか言われてもピンと来なかった彼女も、私のデモンストレーションを聴かせ、ゆっくりしっかり発声させると、本当に良い具合になりました。

全体的に息モレ傾向なので、「事故が無いタイプ」という感じで現在のところ、目立って「換声点ショックが大きい」という事は無いですが、トレーニングを積めば逆に「ウラ声」か「オモテ」声のどちらかが鍛えられて「声の段差」が生まれるかもしれませんね。。。そう「換声点」です。

でも、これはこういう「どちらか一方の音質だけが強いタイプ」には喜ばしい事です。 どちらかの音質が鍛えられてきてるわけですから。。。

ただ、本人は「え?」と焦るでしょうね。 ここからはまた「換声点を潰す」事の戦いが始まります。

彼女にその時が訪れたら、全力でサポートしていきます!

最後に・・・歌えるその日までNever, Never Give Up!

本気で換声点を克服してミックスヴォイスを手に入れる! & 高音を出したい!
YUBAメソッド認定voiceインストラクター KiKo によるボイストレーニング!
・年齢・初心者・プロ志向も関係なく、いつまでも喉を痛めず楽しく歌いたい。
・声ひっくりかえる。
・楽に高音や低音を出したい。
・声量がもっと欲しい。

そんな悩みを解決するボイストレーニング
~ Voice☆花伝 ~

Voice☆花伝 HPはこちら
Sponcerd Link

関連記事