弓場先生のレッスンを私の生徒さんに受けてもらいました。

8月初旬、私の生徒さんで熱心に新潟から通っている「YUBAメソッドVoice認定インストラクター志望」の方と、同じく高校生の時に2回新潟からレッスンを受け、大学生になった今は東京から通っている生徒さんの2名に弓場先生のレッスンを受けてもらいました。

レッスン前に食事を特別にご一緒させて頂き、色々と話してからレッスンに。。。

あっという間の30分レッスン! でも良い声がでた!!!

とにかく質問をしたら、弓場先生のアドバイスもあるのであっという間です。

インストラクター志望の彼はこれまでに1度、弓場先生のレッスンを受けた事があるのと、YUBAメソッドのセミナーにも参加経験があるので、落ち着いたものでした。

彼は本当に本当に頑張っていて、体の反動がかなり激しく、その事をアドバイスしてもなかなか直らず、でも飽きてしまってはダメですから、その他、基本的な発声を何度も繰り返してきました。

でも、体の反動がなかなか直らず、私も「これを直さないと結果的には彼のためにはならない」と思い、彼と何度も話し合いレッスンをしてきました。

彼の素晴らしいところは「素直」にアドバイスを受け入れる事です。

一生懸命、仕事で大変であっても必ず毎月レッスンに通い、今では全く動かずに発声できるようになりました。

変な体の力みも一切ないです。

特に換声点ショックが大きいわけではないですが、やはりその問題もあります。
また声量の部分を克服中。

換声点ショックを潰すのに良い音形はいくつかあるのですが、その中でも反転母音の「アェ」という発声で中音域の反転母音を潰すレッスンは非常に効果があり、彼もそれで安定してきました。

ただ、私もそうでしたが反転母音の音質が癖になるので、今後は、「歌を歌う」という事に考えをシフトしていき、より「音楽的」になるように平たい感じの音質を整えて行く事が課題。

そんな中、この日も弓場先生から「ア」に少し「お」を混ぜてみてというアドバイスを受けたところ、かなり良い声が出ました。

私も思わず、拍手!

本当に彼は「地味」なレッスンを一つ一つこなしていき、停滞してた時期も諦めずに這い上がってきてる。

私も同じ経験があるし、彼よりも酷かった。。。そんな事を常にメールやレッスン時にやり取りをしてきました。

今日はとても良かった!!

弓場先生からも「かなりいいよ」と嬉しい一言が。

 反転母音で中音域をキチンと音の粒を揃えて発声できている!

もう一人の大学生の彼は高音タイプ。

ドラマーの彼ですが、今は「ボーカル志望」との事。

大学に入ってからは「キャンパスライフ」に忙しいみたいで、すっかり来なくなったと思ったら。。。

「やっぱりレッスンに毎月来ないとダメだと思った!」と言って、最近はキチンと月一でレッスンを受けてます(笑)

もう、本当にこの言葉を聞いた時、二人で大爆笑でした。
「そりゃそうでしょう! 当たり前よー」という感じで。。。

さて、弓場先生のレッスン開始。

反転母音での「アェ」で中音域をスタッカートでせめていきます。

「彼は高音タイプですよー」と私は弓場先生に伝えたのですが、やはりどんなに高音タイプでもまずは「中音域でしょう」という事でしょう、弓場先生は中音域の往き来をレッスン!

より「換声点ショック」を無くすために「アクセント」をつけながら。。。

いい感じでした。声量もあったし。

 

写真は弓場先生にサインをして貰っているところ。

彼は色紙2枚と本にサインを貰ってました(笑)

それから、彼のリクエストは弓場先生のフルボイスを聴きたいという事だったので、やってもう事に。

久々に私も近場で聴きましたが、とにかく空気のうねりを感じます。

凄すぎです。

声楽家の方は、やはり凄いですね。。。

 

刺激になった弓場先生のレッスン!

レッスンを終えて、3人でちょっとカフェへ。

一人は初めての弓場先生のレッスン、もう一人は2度目。

とにかく、基礎の重要性と課題が浮き彫りになり、「よし!やってやるか!」という気持ちになったようで良かったです。

YBUAメソッドVoice認定インストラクター志望の彼は、前はいつまでになる!と決めてましたが、声はそう簡単ではないことを実感してますので、今は焦らずしっかりやっていく事で着実にそのスキルを上げる事に集中してます。

その焦りが無いからなのか、本当に良い感じ。

発声の部分を少しずつ「歌」に使えるように変換するレッスンをしていきたいと私も思いましたし、彼も元々バンドでギター&ボーカルとして活躍してたので「オリジナルソング」を作ってそろそろ活動をしようかと思うという事でした。

発声を歌に活かす事はまた違う難しさがありますが、ここからが勝負!

私も今、正にそれをやっています。

大学生の彼も、「大学生」の時の方が社会に出た時より練習できる、という私のアドバイスに耳を傾け、「確かに、今が一番集中してボイトレができる時期」と改めて思ったようで意欲満々でした。

とにかく、当たり前だけど、上ずったり、苦しかったりせずに、自由に歌いたい生徒さんばかり。
みんながそうなれるように私も頑張らないと。。。と思う日々。

※ 写真アップはご本人に了承を得てます。

最後に・・・歌えるその日までNever, Never Give Up!

本気で換声点を克服してミックスヴォイスを手に入れる! & 高音を出したい!
YUBAメソッド認定voiceインストラクター KiKo によるボイストレーニング!
・年齢・初心者・プロ志向も関係なく、いつまでも喉を痛めず楽しく歌いたい。
・声ひっくりかえる。
・楽に高音や低音を出したい。
・声量がもっと欲しい。

そんな悩みを解決するボイストレーニング
~ Voice☆花伝 ~

Voice☆花伝 HPはこちら
Sponcerd Link

関連記事