ビブラートはかけるもの?

melody-297358_1280

ビブラートはどうやったらかかりますか?

とよく聞かれますが、答えは「かけない!」です。

YUBAメソッドは「ミックスボイスができれば自然とかかる」と言っているけれど。。。と戸惑っている方も多いようですが、YUBAメソッド以前に、そもそも声楽の世界でも「ビブラートをかけろ!」と言われてないはずです。

何故なら、繰り返しになりますが良い発声であれば自然とかかるからです。本当に。

厳密に言うと「ミックスボイス」が出来るようになり精度が上がってきたら「息モレの無い裏声」でもかかるようになります。

世間一般に言われている「ビブラートのかけ方」ですが。。。

実は音程が変わっているから「トレモロ」だと思いますよ〜。

ビブラートは音程を変えません。 「ド」なら「ド」を発声したら自然とかかるのですから音程は上下しません。

さて、ビブラートが自然とかかるようになったら、どうするか。。。ですが、それこそスタイルによって、表現によってビブラートを敢えてかけないようにしたりもします。

少し表声っぽくしてみて力強い感じにしたり、逆にワザと裏声傾向にしてふんわり吐息系にしたり、優しい感じにしたり。

また先ほどの「トレモロ」にしてワザと音程を変えたり。

とにかく何度も何度も言いますが「ビブラートはかけるものではなく、かかるものです」

最後に・・・歌えるその日までNever, Never Give Up!

本気で換声点を克服してミックスヴォイスを手に入れる! & 高音を出したい!
YUBAメソッド認定voiceインストラクター KiKo によるボイストレーニング!
・年齢・初心者・プロ志向も関係なく、いつまでも喉を痛めず楽しく歌いたい。
・声ひっくりかえる。
・楽に高音や低音を出したい。
・声量がもっと欲しい。

そんな悩みを解決するボイストレーニング
~ Voice☆花伝 ~

Voice☆花伝 HPはこちら
Sponcerd Link

関連記事