オモテ声

mic「ア」「イ」「エ」の母音だと声門が閉まりやすい!

人にもよるので「絶対」では無いですが「ア」「イ」「エ」はオモテ声を発声し易いので「ウラ声傾向」で、少し「息がもれるタイプ」の方にはこの母音で練習するといいと思います。 もちろん「オ」や「ウ」でもいいですよ。

 

YUBAメソッドのトレーニングCD等の「オモテ声」の「音質」を聴いてみよう!

さて、例えばもしお手元に「奇跡のボイストレーニング」「奇跡のハイトーンボイス」などのCDをお持ちであれば、もう一度「細部」に注意して「オモテ声」の「音質」をしっかり聴いてみて下さい。

「オモテ声」を「重い声」と捉えている方もいるのでは? または「必要以上」に声門を閉じて「マット」な声になってませんか? または、やたらと「ア””””〜」とがなってませんか?

単純に聴こえ方としては「しっかりした声」「しっかりと聴き取れる声」という感じじゃないかな〜と。

 

いつでも高音に行ける準備を!

普通、殆どの歌には聴かせどころの「サビ」があります。 そして、その「サビ」は大抵、高音の方にあります。ですから、サビ前のところで歌っている時も、常に「サビに行く準備を早目にしておく」というのは結構重要です。

という事は、サビ前の例えば「Aメロ」の部分で「オモテ声」を重〜く歌ってしまい、サビになる直前、もしくはなってから「よいしょ!」と急に「ウラ声を少し混ぜよう!」「ウラの方向に」といっても遅いのです。

最後に・・・歌えるその日までNever, Never Give Up!

本気で換声点を克服してミックスヴォイスを手に入れる! & 高音を出したい!
YUBAメソッド認定voiceインストラクター KiKo によるボイストレーニング!
・年齢・初心者・プロ志向も関係なく、いつまでも喉を痛めず楽しく歌いたい。
・声ひっくりかえる。
・楽に高音や低音を出したい。
・声量がもっと欲しい。

そんな悩みを解決するボイストレーニング
~ Voice☆花伝 ~


Voice☆花伝 HPはこちら

 

Sponcerd Link

関連記事

ページ上部へ戻る